症状の緩和に勤める必要性

看護師に限らず、医師や薬剤師などの医療現場で勤務している人の中にも疲労の蓄積を訴える人が多いことも特徴的といえるのではないだろうか。
高齢化社会の進行という課題に直面している日本にとっては、大切な職業といえるのかもしれない。
病院やクリニック、診療所などの医療機関で行っているのは、体調不良やケガなどに見舞われて訪れた患者の診察や、症状の改善や緩和に向けての治療である。
医師や看護師などの医療従事者にとっては、人の命や健康を守り抜くことが仕事であり、そのための努力を怠ることは決して許されない。
過信や慢心、気の緩みなどが一切許されない現場であるだけに、緊張感は半端なものではない。
看護師にとってみれば、医師からのプレッシャーや同僚看護師との人間関係、患者への対応などに想像以上の神経を使うことにもなるのだ。
知らず知らずのうちに精神ストレスや精神不安、心の闇などに苛まれてしまうというケースも少なくない。
疲労の蓄積により、業務へ集中力に精彩を欠いてしまうという看護師も多く、徐々にやる気や情熱が後退してしまうという人も多い。
少ない看護師で多くの患者の面倒を診ているという医療機関も多くあることから、配下にいる看護師の心のケアにまで目を配ることは難しいというのが医療現場の実態である。
勤務する看護師をどのようにして守っていくかという課題に対する答えを探すことは難しいことである。
とはいえ、何らかの手立てをしない限り、離職者を食い止めることはできない。
医療現場の模索が続いている。

検索

記事一覧

カテゴリー