看護の仕事の人に起こる疲労と症状

病院勤務の看護師は、昼夜問わず患者と接する業務がメインであることから、交替勤務制に加え時間外労働も発生しやすい職種である。
そのために疲労が蓄積しやすいだけでなく、睡眠も十分に取りにくいことも手伝い、慢性的な肉体的ストレスが溜まりやすくなる。
これに精神的なものも加わると、多くの病気を引き起こす原因になり得る、過度なストレスが発生する。
顕著に出るのが休日での過ごし方で、体を休むために趣味に打ち込む、どこかに出かけるなどのストレス解消法を取る人も多い。
しかし、過度なストレスによる疲労が溜まり過ぎると、仕事のことを考えるあまり、外出もせず、趣味に打ち込むこともなく、1日中部屋の中に塞ぎこむ状態になってしまう。
仕事をしても体が鉛のようになり、情熱が生まれない、充実感も発生しない状態は、初期のうつ症状としての慢性疲労が考えられる。
この場合、職場の上司や同僚、あるいは医師に相談し、状況にあった勤務形態に変更するか、自分でストレス解消法を見つけるのが先決となる。
疲労による他の症状として、肉体的なものでは体が悲鳴を上げ続けることによる、動悸や吐き気、嘔吐の他、過食や不健康的に痩せるなどの症状がある。
また、精神的なものでは、うつの他にバーンアウトという症状が見受けられ、女性特有のものでは、不妊といった原因ともなり得る。
いずれも仕事に対する向き方が関係しているため、適度な緊張感を保ち、仕事に対する姿勢を変えることも重要となる。
これらの点に留意しながら日頃から疲労を溜め込まないようにすることが今後看護師として長く働き続けるためには必要だ。
疲労が引き起こす身体の症状や、疲労の回復法などは<疲労回復特集>を見るとより深く知ることができるだろう。

検索

記事一覧

カテゴリー